よく切れる彫刻刀・木彫ノミ・包丁をお探しなら越後与板打刃物の河清刃物

ブログ

ホームセンターの彫刻刀を彫刻刀メーカーが使ってみた2

公開日: 2022.03.22

前回のブログ「ホームセンターの彫刻刀を彫刻刀メーカーが使ってみた」に続いて、同じホームセンターで前回のものより安い彫刻刀を見つけたので買って使ってみました。

ホームセンターで売っている5本組セットの彫刻刀を買ってみた

前回と同じ新潟の某ホームセンターで売っていた5本組の彫刻刀セットを買ってみました。内容は平刀7㎜、丸刀4㎜・7㎜、印刀7㎜・、三角刀90° 5㎜。

価格は1,280円(税込)でした。

100均の4本セットと違ってケースに入っています。また、柄がラバーグリップで「安全ですべらない」と書いてありました。

前回のものと比べて見た感じの第一印象は、刃は100均のものと似ているかなって思いました。

では、、、

木版で使用するシナベニヤを彫ってみた

前回使ってみた728円の彫刻刀に比べれば多少切れ味は落ちます。木にすっと刃が入っていかない感じがしました。

ケヤキなどの硬い木材を彫った場合は、数回使ったらきっと切れなくなってしまうんだろうなって感じました。

ただ消しゴムハンコをするのであれば、十分な切れ味だと思いました。あと、小学生が使うなら十分だと思います。

ホームセンターの彫刻刀セットを研ぎ直して彫ってみた

研ぎ目が残っていたので、研いだらどうなるか気になったので試してみました。

ホームセンターの彫刻刀を研ぐ前の刃先

100均の彫刻刀よりは研ぎ目は残っていませんでしたが、前回のホームセンターの彫刻刀より研ぎ目が残っていましたので研いで取ってみました。

ホームセンターの彫刻刀を研いだ後の刃先

残っていた研ぎの目が取れてキレイになりました。

前回も思いましたが、もしかしたら切れ味も多少変わるのか・・・

結果、彫り始めの木への入り方が柔らかくなった感じがしました。

「持続性」「メンテナンス性」という点で見たら、切れ味の持続性はあまり続かないと思います。ということは、研ぎの回数が増えるので自分で研ぐ手間、もしくはプロに研ぎを出すと費用がかかったりと、負担が多くなります。

まとめ

刃の材質がどこにも明記されてなく材質はわかりませんでした。たぶん全鋼のタイプのものだと思われます。

試しに木彫りを始めてみたい、、、もしかしたらそんなに使わないかも、、、そんなに硬い木は彫らない、、、という方の選択肢のひとつとしては良いのではないかと思います。


前回のブログでも書きましたが、弊社の彫刻刀は青紙スーパーという安来鋼の中でも一番硬い鋼を使用しており、硬い木でも切れ味が良いのが特徴です。長く木彫りを続けたいという方、今はホームセンターで買った彫刻刀を使っているけどもう少し良い彫刻刀が欲しいという方にはぜひ一度弊社の彫刻刀を使ってみていただきたいと思います。

2つの「使ってみた」シリーズの記事でも言いましたが、せっかく始めてみようと思った木彫りが道具のせいで思うようにできなくてつまらなかったってなるのはもったいないし、彫刻刀メーカーとしては寂しい気がしますので、やはり道具は彫るものによって選んだり、趣味にかける予算や自分の満足度などを考慮して選んでもらえると良いかなと思いました。


「使ってみた」シリーズ、次回もあるかもしれません(笑)

タグ

キーワード検索